炭水化物ダイエット

カイロプラクターという職業は怪しいと思われがちです。カイロという職業の実態に迫り、その裏側まで丸裸にします。街にあるカイロのお店のドアをくぐる前に要チェックです。

プロフィール

カイロプラクター

Author:カイロプラクター

私自身カイロプラクターとして尊敬できる良い先生にも何人か出会いました。そして、その逆も…。なぜここまで差があるんだろう?という疑問がこのブログを始めようと思ったきっかけです。飽くまでも個人的見解に過ぎませんが興味のある方はどうぞ。

記事

記事のカテゴリー

リンク

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

カイロプラクティックの歴史 

1895年9月18日 アメリカ中西部、アイオワ州ダベンポートで磁気治療院を開業していたD.D. Palmerは、彼のオフィスのあるビルの雑役夫であるハービー・リラードが、17年もの間難聴であるという事を聞き、ハービーの背中を調べてみました。すると脊柱上に異常に盛り上がった椎骨があるのを見つけ、その椎骨がハービーの耳から聴力を奪った可能性があるとD.D. Palmerは考えました。


そして、ハービーの同意のもと、その盛り上った椎骨をもとの位置に戻すように押してみたところ、それまで聞こえなかった彼の耳が聴力を取り戻したというのが、カイロプラクティックの始まりと言われています。D.D. Palmerは彼の友人でサムエル・ウイード牧師に相談して、ギリシャ語の(CHIRO)「手」と(Practic)「なされる・技術」を語源とした「手でなされた」 という意味のCHIROPRACTIC(カイロプラクティック)という名前をつけました。それから約110年経った今日、カイロプラクティックは世界中に広まり多くの健康促進の役に立つ代替医療として愛されています。


しかし、これまでの道のりは決して平坦なものではなく、アメリカ国内でも医師会の迫害にあって多くの先輩のカイロプラクターが投獄されたりしながら、今日まで必死にカイロプラクティックを守ってきたのです。日本国内でのカイロプラクティックの歴史は1916年(大正5年)に川口三郎がパーマー・スクール卒業して、帰国後日本に初めてカイロプラクティックを介したところから始まる。


実は最初のパーマー・スクール卒業生は森久保繁太郎氏で1907年(明治40年)に卒業し、そのままアメリカに残られたという事です。東洋医学に比べると非常に歴史の浅い代替医療ということが言えそうです。
カイロプラクティックの表側TB:0CM:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


トラックバックURLはこちら
http://chiroseitai.blog79.fc2.com/tb.php/24-3bae1b85

コメント

カイロプラクティック関連ワード

カイロプラクティック カイロプラクター 整体 矯正 アジャスト 神経 背骨 骨盤 アメリカ 肩こり ハービー ダベンポート パーマー アイオワ州 腰痛 アレルギー 除去 DC 悪徳商法 物品販売 オブ ドクター 痩身美容 ダイエット 健康食品 国際基準 学校 小顔カイロ 美容カイロ インチキカイロプラクター カイロプラクティック口コミ カイロプラクティック悪徳商法 小顔矯正 カイロプラクティック効果 カイロプラクティック物販 代替医療 小顔 整体カイロ WHO 民間資格 オバマ 国家資格 法制化 

Copyright(C) 2006 カイロプラクターの裏側 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。